ファクタリングとは?ソフト闇金とどちらが良いのか?

近年目にするようになった「ファクタリング」という資金調達サービスをご存知でしょうか?

この記事では、「ファクタリングとは?」と言った基本的な説明をした上で、SNSを中心に活動をする給与ファクタリング会社を名乗るソフト闇金の存在をご紹介致します。

また、記事最後の項目では、ソフト闇金とファクタリングサービスどちらが良いのかを解説しておりますので、是非最後までご覧になって下さい。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、どんなサービスなのか知らない方も多いことでしょう。

まずこの項目では、「ファクタリングとはどういったものなのか?」と言った基礎知識を解説致します。

また、ファクタリングを利用する前にまずは仕組みを知っておくべきです。

以下では、ファクタリングの基礎知識とその仕組みに加え、近年SNSを中心に目にするようになった「給与ファクタリング」についても詳しく解説致します。

ファクタリングの基礎知識

ファクタリングとは、いわゆる売掛債権の買い取りサービスです。

ファクタリングは、近年注目されるようになった比較的新しい資金調達のサービスとなります。

早期に現金化できるのがメリットであり、最大の特徴となります。

ただし、売掛債権を買取る金額は、ファクタリングの手数料を差し引いた金額となります。

本来ある価値の金額よりも少なくなる為、その点は注意が必要です。

また、ファクタリングといっても、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあり、それにより仕組みは異なります。

2社間ファクタリングでは、自社とファクタリング会社の2社間でやり取りが行われます。

3社間ファクタリングでは、債務者と自社、ファクタリング会社の3社間でやり取りが行われます。

給与ファクタリング

近年SNSを中心に目にするようになった「給与ファクタリング」はご存知でしょうか?

給与ファクタリングは、ファクタリングサービスの派生形であり、個人間でのファクタリングサービスです。

これは、債務者の勤務先から債券では無く、お給料を買い取るサービスになります。

具体的には、10万円を給与ファクタリングで申し込んだ場合、10万円はすぐに希望した口座へ振り込まれます。

ただし、次回支払い分の給料は、10万円+手数料が引かれた金額となります。

10万円+手数料は勤務先が、給与ファクタリングをしている人へ直接支払う流れとなります。

大変便利なサービスに聞こえますが、いくつか注意点があり、詳細は以下の項目でご説明いたします。

給与ファクタリング会社を名乗るソフト闇金の存在

近年、SNSを中心にファクタリング会社を名乗り、給与ファクタリングを行うソフト闇金業者が出てくるようになってきました。

投稿内容やプロフィールはファクタリングを行っているように書いていますが、実際に申し込んでみると、ソフト闇金だったと言うケースが多発しております。

その手口ですが、Twitterを中心にSNS上で「#ファクタリング」や「#給料ファクタリング」等のハッシュタグを入れた投稿をし、DMを送ってきた相手に対し、給与ファクタリングの話を持ち掛けます。

そして、借り手の月給内の範囲でお金を貸し、取り立ては、借り手の勤務先へ行います。

例えば、月給20万円、15日給与支払いの借り手が給与ファクタリングに申し込んだとします。

そして、1月1日に10万円の融資を受けました。

ソフト闇金の一般的な金利は7日で2割、10日で3割となりますが、それを適用した金額と元本を上記のを給料日に請求すると言った具合です。

なお、金利についてはソフト闇金業者によってはもっと高い場合もあります。

上記の例で説明すると、1月1日に10万円の融資を受けた場合、給与支払い日が、15日となる為、利息は、7日で2割が2回分適用される形となります。

つまり、返済日となる給与支払い日、1月15日に請求される金額は、「元本の4割+元本」の14万円が請求されます。

なお、金利の部分についてですが、あくまでも手数料と言う形で徴収しているようです。

取り立て先が勤務先となる為、給与ファクタリングを使用したこと(実際はソフト闇金だが、この場合、ソフト闇金業者は、給与ファクタリング会社を偽ります)がバレてしまう為、秘密厳守でお金を借りたい場合は、通常通りの手順でソフト闇金から借入した方が無難と言えます。

ソフト闇金とファクタリングどちらが良いのか?

結局、ソフト闇金とファクタリングはどちらが良いのでしょうか?

この問題については、借り手となる人の状況にもよるので、一概には言えません。

信用情報が特に問題なく、一時的にお金に困っており、かつ早期に現金が欲しい方はファクタリングサービスの方が良いでしょう。

ソフト闇金のサービス自体が、一般の金融機関での借入が出来ない方の為のサービスなので、ファクタリングを利用できるならば、そちらを利用し、利用出来ないレベルまで信用情報が傷ついている方はソフト闇金を利用するのが良いと言えます。

しかしながら、上記の項目で解説したようなパターンだと、どちらも中身はソフト闇金となる為、秘密厳守を徹底しているソフト闇金から借入した方が良いと言えます。

なお、一般の金融機関で借入できない方のほとんどは、信用情報の問題により正規のファクタリングサービスを利用することが出来ません。

そういった方は是非一度、ソフト闇金リーフへご相談頂ければと思います。

ソフト闇金リーフ