ソフト闇金で借りたお金を飛ばすとどうなる?

飛ばすとは?

ソフト闇金や闇金において、しばしば「飛ばす」という言葉が使われます。

借りたお金の返済をせず、連絡が来たとしても無視している状態のことです。

なお、ソフト闇金についての基本的な説明についてはこちらをご参照ください。

ソフト闇金とは?

ソフト闇金への支払いを飛ばすとどうなる?

返済を飛ばした場合、ソフト闇金業者は、申し込み時に伺った緊急連絡先やお勤めの会社へ連絡します。

こうなってくると、弁護士や警察に相談する方もいらっしゃいます。

しかし警察は民事不介入な為、事件性が無い限り、動くことはありません。

そして、弁護士もそれは同様です。

ソフト闇金の取り立ては闇金と異なり、自宅に無理やり押し寄せたりするような取り立ては行っておりません。

その事件性の低さから、法機関に相談したところで、現状は変わらないというパターンがほとんどです。

飛ばす前に連絡

当たり前の話ですが、借りたものは返すようにしましょう。

ソフト闇金と分かって借りているので、「違法な金利だから返す必要が無い」という言い訳は通用しません。

ソフト闇金業者もソフト闇金である旨伝えた上で融資を行っています。

そして、通常の闇金とは異なり、融通が利くのがソフト闇金の特徴です。

飛ばすよりもジャンプ

ソフト闇金にはジャンプというシステムがあります。

ジャンプとは、利息のみを支払い、返済日を延長することです。

そして次回返済日までに元本と利息を含めた金額を返済します。

飛ばす前に連絡してジャンプをしたい旨担当者に伝えましょう。

返済期日までの返済が困難な場合、事前に連絡をして相談すれば、対応してくれます。

利息すらも払えない場合

利息さえも払えない状況だと、特に支払いを飛ばす方は多いです。

しかし、飛ばすよりもまずは借りたソフト闇金に事前連絡をしましょう。

支払いを飛ばした場合、上述したように勤務先等、緊急連絡先に連絡がいきます。

そうなってしまうと、結局支払う羽目になるのみならず、勤め先やご家族の方にもソフト闇金を利用したことがバレてしまいます。

基本的にソフト闇金は秘密厳守で融資を行っています。

支払いが難しい場合、いかなる状況でも事前に連絡だけはするべきです。

返済期日を延長する場合、その分利息は発生してしまいますが、周りの方にバレることはありませんし、ソフト闇金側も柔軟に対応してくれます。

ソフト闇金リーフもまた、お客様のご要望を第一にしてご対応させて頂きます。

ソフト闇金リーフ